家族の介助と看護に疲れた…精神的負担低減の豆知識

若年時から看護と介助を継続している方の内には、愚痴などを打ち明ける友人が周りにいないがために苦労すると言う人がよくいるようです。これは同じ世代となると知人の中に経験者があまりいない事ですとか、昨今の親戚付き合いなどが希薄になってきている状況が理由です。30才代で看護と介助に携わる場合、配偶者の有無で不安も違ってくるものです。例えば独身でしたら実親でしょうし、有夫なら舅・姑を介護するパターンがある為です。いずれにせよ、苦悩は決して独りで抱え込まないようにしましょう。非営利法人以外でも、ケア業務に参入するところが近年では増加傾向にありて、保険を適用出来る福祉サービスは勿論、お弁当の配送、家事の援助等現場のリクエストに応えるメニューまで、バリエーションに富んだ事業がつくられてきています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク