若いころからの一番の悩み

私は現在50歳になる主婦ですが、汗の悩みと言えばもう10代の頃からずっとでした。とにかく親族全員が汗かきなこともありますが、歩いてバス停まで5~6分の所まで行き、歩いているときにはそれほどの汗でもなくても、止まったとたんに汗が止まらなくなります。せっかくお化粧しても日焼け止めを塗っても、意味がないくらい汗が噴き出してきます。汗が全く引かないままバスが来ると、今度はとても涼しいバスの中です。ああよかった、やっと涼しいわと思うのですが、涼しいにもかかわらず汗はなかなか止まりません。周りの人が涼しい顔をしてバスに乗っているのに、私だけが汗を拭いても拭いても止まらず、自分だけが汗を拭いていることがだんだん恥ずかしくなり焦りと緊張で余計に汗が止まらなくなります。誰か助けて、と言いたいくらいです。そしてようやく汗が引いたかな、と思う頃にはバスを降りなければなりません。汗が冷えて服は冷たいし匂いは気になるしで、50歳になる現在でも10代からほとんど変わらず悩んでいます。外に出るときには扇子とタオルハンカチを大小2枚ほど、汗拭きシート、水分補給にお茶などを常にカバンに入れて持ち歩きます。着替えが必要になるときもあります。一番困るのが涼しい車内などでの汗の匂いです。途中で降りようかと思うくらいです。すごく体力を消耗するのも悩みです。脇 黒ずんできた 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク